地方銀行として名を馳せる横浜銀行

日本最大の地銀〜横浜銀行〜

  群馬銀行の変遷      
 
 
 

群馬銀行のスタイル

群馬銀行の変遷

 

前橋市にある群馬銀行は、群馬県を代表する地方銀行の1つとして、地域に名前が知られている銀行です。発足は明治10年に設立された第三十九国立銀行が最初で、その後、昭和7年に中小の金融機関を買収合併して変遷期を迎え、その後、株式会社群馬合同銀行となり、さらに戦後の昭和30年に現在の会社の母体を発足させ、再び群馬銀行と名乗るようになりました。

もともと群馬県は、明治から大正にかけて、生糸の生産が世界一となっていた時代があり、渋沢栄一が財を成して作った富岡製糸場などで製造された生糸を世界に輸出することで、多くの企業が活動を行っていました。そのために群馬県内には中小の金融機関が数多く存在していましたが、それらの中でも特に経営規模が大きかったのが、国立銀行を母体とする現在の群馬銀行でした。

群馬銀行は、主な営業エリアとして本店を置く群馬県を中心として営業し、地域社会や地域経済を支えている金融機関です。その他、隣接している茨城県や埼玉県、東京都や大阪府などの主要都市にも本支店を設けています。特に顧客の獲得を目指す一環として、神奈川県相模原市にも支店を構えるなど、資産運用やローン商品などの展開をもあわせて、様々な金融サービスを行い、顧客の獲得を目指しています。

そんな群馬銀行のライバルとしては、第二地方銀行である東和銀行が真っ先に挙がります。その他、各種の信用金庫、農業が盛んなことから県内各地のJAバンクなどもライバルとして存在しています。

 
 
 
 

地方銀行として名を馳せる横浜銀行

 
横浜銀行の定期預金
 
横浜銀行の普通預金
 
横浜銀行の歴史
 
横浜銀行の住宅ローン
 
横浜銀行ならではの商品
 
横浜銀行の優れている部分
 
横浜銀行に不足している部分
 
横浜銀行のインターネットバンキング
 
 
 

広島県に本拠地を置くもみじ銀行のすべて

 
もみじ銀行の本拠地と生い立ち
 
もみじ銀行と競合する銀行
 
もみじ銀行と山口銀行の意外な関係
 
もみじ銀行のダイレクトバンキングとは
 
もみじ銀行の住宅ローンは借りるとどうなる
 
もみじ銀行でマイカーローンを借りよう
 
もみじ銀行のカードローンとその内容
 
もみじ銀行と広島カープの意外な関係
 
もみじ銀行設立10周年キャンペーンの内容
 
 
 

群馬銀行のスタイル

 
群馬銀行の定期預金
 
群馬銀行とライバル
 
群馬銀行の変遷
 
群馬銀行のサービス
 
 
 

秋田銀行の全容

 
秋田銀行の定期預金
 
秋田銀行と他の金融機関
 
秋田銀行の歩み
 
秋田銀行の住宅ローン
 
秋田銀行の自動車ローン
 
秋田銀行の注目サービス
 
 
Copyright © 2019 地方銀行として名を馳せる横浜銀行 | Designed by Web Page Templates